歯科と私生活の影響について!

歯医者でホワイトニング!コンプレックスを無くす!

毎日きちんと歯磨きをしているのに、前歯を中心に歯の黄ばみが目立つようになってきてしまい口を開くのが恥ずかしいというコンプレックスを感じている方は少なくありません。
歯の黄ばみの原因は普段の食生活で、ステインと呼ばれる着色汚れを含む食品や飲み物をこまめに摂取している可能性が高い事にあります。

特にコーヒーやワイン、紅茶などの飲み物や、喫煙を頻繁に行っている方は歯の表面にステインが蓄積し、色素沈着を起こしてしまうことで歯の色素沈着となってしまいます。
通常歯の表面に付着している色素汚れは、歯磨きをこまめに行うことで除去することが出来ますが、歯並びが悪く歯の隙間のブラッシングがきちんと行えていないと汚れが付着しやすくなる恐れがあります。

一度色素沈着が起こってしまうと、ホワイトニング成分が配合された歯磨き粉や漂白剤などのホワイトコートを利用しても汚れがキレイに除去出来ない恐れがあります。
また無理にブラッシングをすることで歯の表面のエナメル質を削ってしまう危険があります。
歯の色素沈着は健康上放置しても特に問題はありませんが、美人な女性の歯が汚れていては台無しですし、お仕事上清潔感が不可欠な接客業をされている方は口もとを綺麗にしておくことは基本です。

そこで効率よくホワイトニング治療を受ける方法として、審美歯科外来がある歯医者に相談をすることをおすすめします。
審美歯科は美容に関する口内治療をメインに行っている特徴があり、ホワイトニング治療の他にもラミネートべニアやセラミックを利用した差し歯や入れ歯治療や、歯の矯正などを受けることが出来ます。

歯医者で行われるホワイトニング治療は、まず歯の表面をクリーニングをして汚れを除去し、ホワイトコートや漂白剤と呼ばれる専用の薬剤を汚れの目立つ前歯に塗り、上から特殊な光を照射して歯の色素分解を行います。
一度の治療でたいてい元の自然な歯の白さを取り戻すことが出来るので、短時間で美しい口元を手に入れることが出来ます。
しかし、歯の黄ばみは時間の経過と共に再発するので、定期的に歯医者でホワイトニング治療を受けることが重要になります。

芸能人のような美しい白い歯を手に入れたいと思っている方は、長期間変色が起こりにくいラミネートべニアを歯の表面を削り、貼り付ける治療を行う方法もあります。
この治療は歯の色、形、大きさ、歯並び、歯のすきまを埋めるなど様々な状態に使用できるので注目されています。

歯医者情報

優良な歯医者を探している方は東京で見つけることが可能です。
歯医者探しを板橋区の高島平で行うとお口の悩みやコンプレックスは消えるでしょう。